FC2ブログ

💛 「確証」よりも、今の経験の意味深さ! レムリアの繋がり <ツインレイ11:テレパシーより>

六月も早くて半ば、夏至もすぐですね!

本日は、「ツインレイ」シリーズで綴りたいと想います。

※再会前のツインレイとのハートの会話については、記事の最後に記載しています。


ではタイトルに関係が深い、ツインレイとの「ハートの会話」に関することから、綴り始めたいと想います。


creative-wood-sweet-texture-leaf-wall-1234688-pxhere-com.jpg


私は「ハートの会話」については、確証がないながらも、意味深く自分の課題として学んでいます。


実は私は、ツインレイの存在に気づいた時に、「再会まで、二人で学び合いなさい!」

と言う、見えない存在からハッキリとしたメッセージがありました。


しかし、ツインレイとの再会もまだ、情報も全くない私には、内なる会話で学ぶしか手段がなかったのです><。


で、ツインレイとの「ハートの会話=テレパシー」の実践する意味は、遥か昔の私の魂の経験に遡ります。


以下の内容は、ご存知の方も多いかもしれませんが、今回綴る事にしました。


この地球には、3次元に意識下降(ディセンション)する以前に

ムー、レムリア、アトランティスなどの、高い意識文明・時代が存在していたとされています。


その高度文明は、地球と宇宙の一定の周期(サイクル)の際に崩壊し、地球は次元下降したプロセスを得て、現在の3次元の道を歩んでいる状態です。


この一定の周期は、地球において「1万数千年単位」で、5万数千年前から繰り返されている流れがあるようです。


water-drop-liquid-light-bouquet-reflection-844130-pxhere-com.jpg


で最後の崩壊でも、地球の地形は変動しており、高度な文明は海底に沈んでいるとも言われてます。


その高度文明の生き残りなどによる名残りが、謎が多い世界の古代遺跡や世界遺産などでも知られいます。


これらの文明は、意識が高い文明だったので、テクノロジー・テレパシー・宇宙交信なども、現在では考えられない程、高かった時代と言われてます。


で過去に地球は何度か上昇シフトに失敗しいるようで、今回の地球の上昇シフト(アセンション)は、最終アセンションとも言われているのです。

因みに、私は失敗したのでなく、すべて完璧な宇宙の流れと感じてます。


興味がある方は、詳しくご自分で色々と調べてみてください。

情報が色々溢れているかもしれませんが、全体の流れを知ることに意味があるかもしれません。


特に、ご自分に関係があれば、興味を抱き調べたくなるかもしれません。


light-architecture-structure-sunlight-building-atmosphere-859912-pxhere-com.jpg


以下は、あくまでも私の感じる記憶であり、確証は分かりません。

で、おそらく私とツインレイの彼は、レムリア文明で深く関わっていたと感じています。


で、3次元とは異なる高度文明だったので、イメージとして受け取って下さい。


その高度文明で、私はレムリア側にいましたが、ツインレイの相手は宇宙側いたように感じてます。

もしくは、二人の距離がかなりあり、離れていたのかもしれません。


つまり私達2人は、距離に関係なくテレパシー的な会話や交信などで、交流し繋がっていたようです。


でレムリアが、次元下降していく中で、段々とツインレイとのテレパシーが難しくなり、最終的に連絡が途切れてしまったようなのです。


その時、レムリア文明全体も混乱状態だったようです。

次元下降していた私自身も、ツインレイから連絡がなくなった理由すら分からず、自分自信も混乱し不安だった状態のような記憶があります。


ツインレイの彼も、私と繋がらくなり、何もできずに困惑して辛かったではと感じてます。


man-music-glass-concert-red-gear-1012702-pxhere-com.jpg


で、私は自分の任務があったのですが、どうしたら良いか分からなくなった状態でした。


ギリギリまで、ツインレイから連絡を待っていたのですが、崩壊寸前で時間もなかったので最終的に自分で「ある決断」をし、私は亡くなっているようなのです。


そして、レムリア文明は、そのまま崩壊してしまった。。。(他の文明含)

いや「私が自分で崩壊させてしまった」という罪悪感などの意識が、潜在意識に眠っていました。


今世その意識が浮上し、感情などの解放とカルマ清算をしてきました。

特に、ツインフレームの魂の姉妹Makaと、この高度文明の崩壊に深く関わっていました。


Makaとの出逢いにより、前世などの記憶が蘇りました。

特にアトランティス、レムリアのカルマは、今世の人生においても、二人共大きく影響していました。


smoke-still-life-incense-painting-indian-stick-1376924-pxhere-com.jpg


これらの高度文明の崩壊は、宇宙一定のサイクルによって意識が下降して、「二極性・分離」への道へ進んだ為に発生したものでした。


つまりこの3次元の地球は、宇宙の成長の為に、意識下降する必要が不可欠な状態だったと感じてます。


そして次元下降し、3次元の地球となり、二極性における「善・悪」の利己的なエゴ(悪の部分)が強く現れる意識状態の惑星となったのです。


そして次元下降した地球と共に、多くの魂が感情を感じ学ぶ輪廻転生の地球のサイクルに入った状態のようです。


しかし、一部の存在達は、崩壊前に移動して次元下降しない選択もしたようです。


これすらも、各自の魂の選択なんですよね。


宇宙は、フォトンベルトなどの一定周期によって、宇宙で「上昇シフト・下降シフト」をもたらす事により、永遠なる宇宙の成長を促す仕組みになっていたのを感じています。


宇宙の仕組みを知れば知るほど、本当に見事な仕組みに圧倒されます。


 greg-rakozy-38802_convert_20180119164204.jpg


で、私とツインレイの話に戻り、

上記のように、レムリア文明の崩壊による次元下降で、私はツインレイとテレパシーやハートが切断されて、分離がおこった二人と感じてます。


因みに

この高度文明においてツインレイ達は、特に「男神官・女神官」の職務だったとも言われています。


なので、他のツインレイの存在達も、このような混乱の経験があったのではないでしょうか?

つまり、それぞれのツインレイ達は、次元下降による意識の分離状態の過程が、今世に影響しているという事です。


私達のツインレイは、混乱状態だった為「互いの分離に対する誤解や勘違い」も生じていた状態のようです。


そしてこれらは、根源意識から二人の魂が分離する際の意識状況にも繋がっている事が、私の魂の記憶から分かりました。

なので私の場合、現在ハートの会話で学びながら、当時のツインレイとのテレパシーを復活させ、互いの誤解なども意識解除している状態でもあるのです。


よって「再会まで、自分のハートの会話で学びながら、相手の連絡を待つ!」 が

今の私の課題でもあると受け止めており、ツインレイとのハートの会話の実践の日々なのです。


今世の自分の経験は、必ず自分の魂のすべての経験と繋がっている事実です。

なので私は「すべて自己責任」の学びも、この地球で学ばせてもらえたのだと受け止めています。


beach-sand-rock-wood-leaf-summer-647737-pxhere-com.jpg  


さらに高度文明の「男神官・女神官」の職務であったとされるツインレイ達は、その「責任者」だったと言える存在でもあります。


だからこそツインレイ達は、今回結ばれるまでの統合までに、過酷な責任課題がある・あったと感じている私です。


ツインレイは当時の責任者として、意識分離し下降した地球を、次元上昇させる責任課題があったという事だと感じてます。


ツインレイが再会し結ばれる為に、過酷で辛い経験があると言われていますが、因果応報と言われるように、必ず自分の魂の経験にすべてに繋がっている事実がある。。。


つまり、すべてが「宇宙の法則」によるもので、自己のカルマとも言えると想います。

だから、ツインレイの学びの課題もそれぞれのパターンがあると感じてます。


そして、「過酷な課題を乗り越えられるまでの課題」と、「乗り越えた後の課題」が大きく異なっていると、感じている私です。


2018年は今まさに、そのタイミングの真っただ中にいると言えるのかもしれません。


そう感じている方は多い、又はこれから増えてくると感じてます。

これについれは、またの機会に綴りたいと想います。


sunlight-cosmos-wave-atmosphere-space-dust-658928-pxhere-com.jpg


このように、

私は、ツインレイとの「ハートの会話=テレパシー」の内容が確証がなくとも、今の自分が経験している事を大切にしています。


で、テレパシーの確証を求めれば、求めるほど、確証が遠のく事にも気づきました。


この3次元での確証とは、人間が理解できる見えるものからの判断によるもの。

なので逆に、宇宙からしたら「3次元の地球の確証は、事実でない事が多い」。。。


よって確証などに捉われる事なく、「今の自分がハートで経験している事が、確証そのもの」であり、自分のハートで向き合っていくる事が大切と想えている私です。


様々な「確証」を求めるのは、「見える世界を信じる、3次元的な世界の学び」に過ぎないと言えるかもしれません。


ハートはすべて知っているので、「自分のハートの愛が、確証そのもの」と言えるように想います。

つまり上昇シフトにおいて、様々な確証を求める必要はなくっていくと感じます。


もし確証を求めるのならば、自分のハートをドンドン目覚めさせる事であり、

「すべて今ある生き方=リアリティー」が、確証そのものと言えるようになるのかもしれません。


nature-blossom-dew-plant-photography-leaf-555131-pxhere-com.jpg


これらは、あくまでもツインレイの再会までの私の経験や気づきなどで、一例に過ぎません。

またツインレイに関係なく、学びの基本は皆同じと想っています。


そして、いつものようにブログの内容の確証については分かりませんが、

このブログの内容が、何かしらご参考になれば嬉しく想います。


本日は、

今を生きる人々で輝き、リアリティーが拡がる世界をソウゾウしながら、終えたいと想います。

読んで下さり有難うございます。

☆Non彡



<ツインレイとのハートの会話について>

s-StockSnap_AEQGZOJJNZ_convert_20180509110342.jpg

2007年にツインフレームと出逢いディセンション経験をし、カルマ清算や浄化し学びながら歩んできました。

その過程の2014年2月にツインレイの存在が、10代で全く疎遠になっている男性と気づきました。

彼と疎遠になって情報がなく、早くて30年弱になります。(2018年現在)

気づいてからは自分と向き合って、毎日感情解放などをし浄化して歩んできました。

それにより少しづつ、私とツインレイとのハートの会話が明確になっているのを感じています。

ハートの会話とは、ツインレイの想いを感じ取って、そのエネルギーを言葉に変換している感じです。

これは、5次元以上のテレパシー会話とも言えるのかもしれません。

なので、ツインレイとの直接の会話ではありません。

また相手が意識的なのか、無意識的なのかもわかりません。また記載内容の確証もありません。

ただ、この会話で学んでいる事を含め「ハートの会話に何か大切な意味」があると感じている私です。

ハートの会話の確証などの判断に捉われずに、今は経験している自分の真実を楽しみながら綴っています。

このツインレイとのハートの会話が、何かしらお役て立てれば幸いです。

尚、ツインレイとの未来の赤ちゃんとの会話も、2018年4月から始まって共に学び合っています。




関連記事
スポンサーサイト

Category - âœ¦ãƒ„インレイ✦

スピリチュアル 学び&成長 ハートの時代 気づき 変化&変容 ハート(想い&感情) テレパシー ツインレイ 愛・純粋 宇宙の法則