FC2ブログ

◆前編:意識の入れ替わり「不思議な体験談」<ツインの魂の体験談>

plant-fruit-food-produce-vegetable-brown-1060800-pxhere-com.jpg


慌ただしい日は、ちょっと落ち着き始めていますが、あっと言う間の毎日です。


そして、意識も身体も何か違う事を感じるこの頃です。


これまでと何か異なる不思議な感覚の中、過ごしている感じがしています。


もうすぐ、水星逆行も順行に入るので、その後にまた何か変化があるのかも。。。


皆さんは如何でしょうか?


◆ ◇ ◆


では、本題に。


3つ前の記事で、アセンションによる「意識の入れ替わり」について綴りました。


【3つ前の記事】

▶◆1:アセンション予報【2019年秋以降・宇宙の意識反転による意識の入れ替わり】



そして、前々回の記事では、エレメントの「水」について綴りました。


【前々回の記事】

▶◆アセンションと関係が深い「四大元素(エレメント:水・火・風・土)」について!


本日は、その「意識の入れ替わり」と「水」をテーマにして、前編と後編に分けてアップしたいと想います。


前編では、意識の入れ替わりの「不思議な体験談」として綴ります。


後編では、意識の入れ替わりによる「瞳と水の繋がり」を主に綴る予定です。


よろしくお願い致します。


◆ ◇ ◆
 

私は、ツインフレームの魂の姉妹のMakaと、ディセンション経験をしてきた事を、ブログで何度も綴ってきました。


その中で、様々な不思議な体験も色々ありました。


Makaが体験する側、私はそれを解読する側で、二人は経験していたように感じています。


そして以下は、Makaと出逢った始めの頃の話で、まだディセンション経験する前の経験です。


なんと!


Makaと私の意識が入れ替わった経験


をしたのです。


これはある意味、人気で話題となった「君の名は」や昔の「転校生」などの映画の、


類似体験のような感じと言えるかもしれません。


但し、意識が入れ変わったと言っても、映画のような入れ変わりとは異なります。


そのまま、すべての意識が入れ替わった訳ではありません。


Makaと私は、自分を認識する意識がありつつも、二人の性質(個性)が入れ変わった感じでした。



で、入れ替わりの気付きは、二人の電話による会話の時でした。


二人して、「いつもと何か違う」と言う感覚だった事から、「二人の性質が入れ替わっている事」に気づいた状態でした。


この時は、始めにMakaが気づいた状態だったと想います。


で、私が体験したMakaの性質は、とてもサッパリした意識(魂)と、私は感じました。


決してMakaの意識が嫌だったという訳ではありません。


ただ、私は慣れている自分の意識の方が心地よいと感じました。


Makaが体験した私(Non)については、


「Nonは「ブリッコ」 ←かなり古い(苦笑)


と思っていたけど、自然な感じで違うって分った!」 と言ってくれました。


実は、私が小学生の頃に「ブリッコ」が流行しており、子供の頃によく「ブリッコ」と言われていた事がありました。


で、Makaも出逢ってから、そう感じていたようだったのです。


私としては、ブリッコしている訳でもなく、ごく普通でありのままの自分だったのです。


なので意識の入れ替わりで、それを理解してもらえ、凄く嬉しく想った事を覚えています。


そして有難い事に、Makaは「私の性質のほうが好き」と、言ってくれました。


しかし、その後に過酷なディセンション経験して意識浄化してきたので、


今ではきっとMakaも、自分の意識の方が心地よくなっていると想います。

(*^_^*)


あっ!補足ですが、私達は「レズ」ではありませんよっ。


本当に対照的な魂の姉妹で良き理解者であり、ツインレイの再会を待ち望んでいる二人です。


まぁ、二人は表裏一体のツインフレームの魂の姉妹なので、特に入れ替わり易いのも当然とも感じてます。


私は、他のツインの魂とも出逢って実感しているのですが


ツインの魂達は、出逢いと共に、強烈な意識エネルギーの交換をしながら、意識浄化を進めてきたのだと感じています。


だからツインの魂と出逢うと、エネルギー交換による浄化が強烈で大変なんだと理解しています。


◆ ◇ ◆

 

そしてその後に、二人は段々と意識が下降しはじめて、ディセンション経験に入っていきました。


その意識下降中に、Makaの身体の中に「別の意識体」が、何度が入った事がありました。


そのMakaの身体に、それも「ある宇宙の意識体」が入った事があったのですよ。


その宇宙の意識存在は、地球の植物に凄く興味を持っていた様子だったのが、印象深く残っています。


例えば、コップの底に少し残ったトマトジュースを、わざわざ手の平に乗せて、眼を近づけて、


スッゴク不思議そうに「ジーッ」と眺めて見つめている姿が印象的でした。


この行動を、実際にはMakaが行っているので、特に可笑しくもありました。


Makaは、「私がしているんじゃなく、勝手に動く!」と、何度も言う状態だったからです。


また、更に別の宇宙の意識存在がMakaに入った時は、メロンの皮や観葉植物なども不思議そうに眺めていた事もありました。


どうも、宇宙の意識体は「地球の植物のエネルギー」が特に気になったようでした。


私は地球の自然界は、「自然の摂理=宇宙の摂理」で「愛の形態エネルギー」と感じています。


なので宇宙意識体は、物質でもある植物の純粋な愛の波動エネルギーに、興味を持ったのではと感じました。


Maka曰く、上のように宇宙の意識存在がMakaの身体に入った時はいつも


勝手に身体が動いてしまい自分の意識で動かしてない! でも自分の意識はシッカリある!


と言うのです。


このようにMakaの身体は、Makaの意志に関係なく、よく勝手に動く事がありました。


このような事が「また、始まった!」っていう感じで、慣れるようにまでなっていました。


そのお陰もあり、不思議な経験をしながら学べていた事実もあり、有り難く想っています。


silhouette-light-sky-technology-night-star-1213368-pxhere-com.jpg


そう言えば一度だけ、私は15年程前に「憑依体験」をしかけた事があります。


「しかけた」とは、どういう事かと言うと、、、


憑依しかけた時に、私は自分の意識で行動が出来なくなり「違和感を感じ、何かオカシイ」と気づいたのでした。


そして、直ぐに「生前のマスター」に電話しました。


「生前のマスター」とは、亡くなった後も、私の専属のスピリチュアルガイド(アセンデッドマスター)をして下さっていました。


その後、私はスピリチュアルガイドから卒業を促され、現在はサポートとして優しく見守って下さっています。


そして、現在も時折メッセージを下さる状態です。


よって、その時に「何かオカシイと」感じて、そのマスターに電話して分かったのですが


やはり私の意識でない存在が、私の意識に入り込んでいた状態でした。

((((;゚Д゚)))))


つまり、憑依されそうな状態だったのを、私は自分で気づいたのでした。


電話した時、まだマスターは仕事中だったので、私がマスターのお店に会い行く事にしました。


マスターは心配して下さっていたようですが、迷惑はかけれないと想った私です。


そして、私の意識を絞り出すように自分の意識を強く持ち、必死でハンドルを握り、車を運転してお店に向かいました


あのような体験は、本当に初めての体験で忘れられません。


なぜなら、私の意識がありながら、私の身体を別の意識が操ろうとしているような状態だったので、


自分の意識を強くシッカリと持たないと、完全に憑依されてしまうような体験だったからです。


そして、マスターのお店に到着するまで後1、2Km程となった時、


私の意識から「ズバッ」と、見事に意識が流れるように外れたのが分かったのです!

(*゚ロ゚)/


その直後に、自分の意識が楽になった事をハッキリ覚えています。


◆ ◇ ◆


これにより、私が到着するまで、マスターは遠方から何かしら想いの意識エネルギーを送って下さっていたのではと感じました。


そして後で、マスターのオーラのエネルギーの範囲が凄く広くパワーがあったから、


私の中に入っていた意識は、マスターのエネルギーに近づけずに、私から抜けた状態でもあったと気づきました。


でマスターのお店に到着して、マスターと話して分かった事が


私の中に入ってきた意識体は、やはり私の引き寄せだったのです。

Σ(´Д`lll)エエ!!


それはその頃、私が霊的能力や感覚が何かしらある人を羨ましく想っていたので、


逆に私の事を羨ましく思った見えない意識存在が、私の中に入った状態だったのでした。


トホホッ( ノД`)


◆ ◇ ◆


通常、人の事を羨ましいと想う事はほどんどなかった私なので、まさに貴重な学びだった言えます。


今では、自分の霊的能力は、気づいていなかった自分の敏感に感じる感覚と気づき理解でき、そして受け入れられた事で、


そんな自分が、自分で言うのもなんですが、有り難く想えるまでに成長できました。


私だけでなく、誰にでも「自分の長所と言えるような独自の感覚」が備わっており、


自分の事を自分で気づき、理解してあげる事が大切だと言う事でもあります。


私のように、自分の長所などは自分では当たり前感覚となっており、気づき難い場合もあると想います。


また、自分の長所を短所と逆に捉えている場合などもあるかもしれません。


どちらにせよ、自分の最高の理解者は自分であり、自分で自分を受け入れる大切な時代に入っていると想います。


自分で自分のありのままの真実を理解できる事で、他者からの真の理解を得れる事にも繋がっています。


逆に表現すると、自分の事を自分で理解できていないと、


他者にも真の自分を理解してもらず、他者への理解も表面的理解となると言えるかもしれません。


よって、この憑依体験も、私にとって自分を知る貴重で有難い学びと体験になっています。


このように、私の場合は自分の異変に違和感を感じて気付けたのですが、


意外に気づかない憑依的な意識の入れ替わりなどは多いのではと経験から感じています。


そして、意識の入れ替わりや憑依的な事などは、自分の意識状態によって起こり易い状態と言えます。


どのような時も、どのような状態でも、すべて自分で引き寄せています。


受入難い事もあるかもしれませんが、すべてが「自己責任の宇宙」です。


既に新たな時代入っているからこそ、再認識する必要があるかもしれません。


hand-group-white-spooky-cute-decoration-792036-pxhere-com.jpg


このMakaと私の体験のように、意識の入れ替わりなどで自分の意識がハッキリある場合もあるのです


また憑依とは、自分の意識を見失って、他者の意識に肉体を渡してしまうと言えるのかもしれません。


その場合は、自分の意志が弱い人やネガティブ意識が強い人などに起こり易いように感じます。


そして「人に流される人や人に合わせて生きている人」も、ある意味「憑依」と類似しているようにも感じます。


なぜなら「人に流される人や人に合わせる人」は、自分軸がなく同調しやすくなるので注意が必要と感じるからです。


【関連記事】

▶◆なぜ「同調」するの? 「同調」しない改善策は? 同調しない「自分軸」が大切!



日常でも人間を始め、様々な意識のエネルギー交換によって学び合っている状態です。


「意識の入れ替わり」や「自分を見失う事」は、自分軸が無い人には、


実は意識の入れ替わりなどが、意外に起こり易い状態であると実感しています。


つまり、「自分の意志が、明確にハッキリしている事」が大切と言う事だと想います。


それは、シフトに向けた「アセンション」でも「ディセンション」でも、同じように感じています。


自分の波動が低い時や不安定な時などには、意識の入れ替わりは特に注意が必要と想います。


また以前に綴ったように、


地球の波動が高い現在は、同意の元での高次意識との意識の入れ替わりなどもあって、可笑しくないと感じている私です。


もしかすると、個人アセンションというパターンではなく、人により高次の意識と入れ替わり


アセンションの経験をされる選択をしている方もいるかもしれません。


何があっても、どんなパターンがあっても可笑しくない時代になっていると感じています。


そして、どのようなパターンも「良い・悪い」はなく、


様々なパターンがある事が、宇宙にとって掛け替えのない事なのだと感じている私もいます。


なので常識や拘りに捉われずに、自分で感じた感覚を大切にする事も大切な時と感じています。


また現在、時間が加速している状態なので、自分軸がないと流され易いくなると感じています。


自分の目的をシッカリと自分で掴む事で、自分の乗りたい波に乗りやすくなると想います。


自分の幸せを、自分で掴めるチャンスの時でもあるのです。


◆ ◇ ◆


冒頭でも綴っていますが、最近凄く不思議なエネルギーの中にいる感じがするこの頃です。


それは、私がツインソウル(ツインレイではない)の存在に気づく前触れの、過去のエネルギー空間に良く似ている事に気づきました。


分かり易く言うと、何か新たな学びが始まる前の静けさの中にいるようで、まるで宙に浮いているような感覚でもあります。


「これからどうなるんだろう?」って感じでもあります。


けれども、そのような中でも慌ただしい状態で、何か準備をしているようでもあるのです。


皆さんも、様々なパターンの中にいる状態と想います。


特にこのような状態を感じていますので、上でも綴りましたが


今もこれからも、人に合わせる事無く自分を見失わないで、自分軸で自分らしくハートで生きる事が大切と想います。


◆ ◇ ◆


本日は、意識の入れ替わり「不思議な経験談」として、感じている事などを綴りました。


「宇宙の意識存在=ET」とも言える体験を、少しでも楽しんで頂けましたでしょうか?


アセンション後は、見えない存在との再会もあるようなので楽しみですね!


私はMakaの肉体の中に入った宇宙の意識存在達と、別の形で再会してみたいと想っています。


次回も、今回の続きとして不思議な体験も含め「後編」を綴りたいと想います。


過去の経験談ながら、何かしらお役に立てれば幸いです。


読んで下さり有難うございます。


☆Non彡






関連記事