FC2ブログ

◆驚くような信じ難い情報が増えている!? 様々な情報を捉える際のポイントとは? 

nature-blossom-plant-stem-leaf-flower-1120020-pxhere-com.jpg


皆さんお変わりありませんか?

これから特に、世界中で驚くような信じ難い情報が知られるようになっていく「時」と感じています。

既に、それが数年前から始まっていると言えそうです。

なので、今回は「情報」について触れながら、感じるままに綴る事にしました。

何度もブログで綴ってきましたが、今回の宇宙と地球のシフトは、かつてない程の大シフトと感じています。

それにより、これまでの学びが変わる時とも言えます。

よって、未来に向かった「今」を生きる為にも、これまで学んできた地球の「過去の事実を知る事」も欠かせないと感じています。

◆ ◇ ◆

因みに私がお伝えする情報とは、国は勿論の事、地球や宇宙規模の話と言えます。

そして、これまで学んできた「人間世界の事実を知る事」や「宇宙の真実を知る事」によって、

人により魂の目覚めやハートのオープンに繋がる場合もあるかもしれません。

これによって、スピリチュアル的な興味や知識などの有無に関係なく、目覚めが一気に加速する可能性もありそうです。

実際に、「世界が覆されるようなビックニュースが、年内に発表される」というような

高次からのメッセージ内容をネットで拝見しました。


mobile-technology-number-phone-community-gadget-1240848-pxhere-com.jpg


で、私は情報の「正・誤」などをお伝えするつもりはありません。

各自で「どのように反応して、どのように捉えるか」が大切と感じています。

但し、様々な情報が拡散される際に、発信する側と受け取る側により、拡散される情報の内容だけでなく、

情報を発信する人の意識で「情報のエネルギー」が変化する可能性が多いにあり得ます。

シフトに向かう今、内容のみでなく「情報を発する人のエネルギー」も、とても大切と感じています。

以上の事からも、情報の捉え方や発信にも、慎重になる事も大切と感じています。

よって、それも踏まえて綴らせて頂いています。

◆ ◇ ◆

で、ここからは私が感じている、情報を捉える際のポイントを綴りたいと想います。

基本的に「ハートが軸である事」であり、「疑問(Q)を持ち気づく事、興味を持ち知る(A)事」が、とても大切になると感じています

過去にも綴った事がありますが、宇宙で私の魂が目覚める誕生際に、

「ある事に興味を抱き、ハートからある疑問が湧いた記憶」が蘇りました。

その自分のスピリットの記憶からも

疑問を持ち「気づく事」興味を持ち「知りたい」と望む事は、根源意識の「スピリットの本質」とも言え、それが成長する宇宙でもある

と感じている私です。

そして「疑問を持ち気づく事、興味を持ち知る事」で、それらが「自分の中の様々な情報にも繋がる事で、自分の意識世界が広がり、それがリアリティにも繋がって行く」と言う意味深さを感じています。

【関連の過去の記事】

◆ ◇ ◆

要するに、私がお伝えしたい事をまとめると

もし、今後これまでにない情報などを得た場合、

特にネガティブに捉われず、流さずに、また鵜呑みにせずに、

疑問を持ち気づく事や、興味を持ち自分で調べて知る大切を感じています。

そして得た情報に対して、

「悪い・良い」「好き・嫌い」「否定・肯定」などの個人的な判断に捉われずに

その情報から「あなたがどのような世界をハートで望み、今を想造しますか!」

と、問われているようにも想います。

この捉え方の場合は、情報や感情に流されたり、踊らされる事が少なくなると感じています。

つまり、

どのような時も常に「あなたのハートが望む世界感」を基盤にして意識的に捉えると、あなたの波動は安定し易い

と感じます。

そして「あなたのハートが望む世界感」は、変化して行くとも言えます。

で、「判断が悪い」とか「判断してはいけない」とお伝えしている訳でもありません。

ただ、情報の内容よっては、3次元的な感覚の判断により、感情が不安定に成り易い時とも感じるからです!

また逆に、ハートから興味を持って情報を知る事で、今後の自分の安定に繋がる場合もあると想います。

何度もブログで綴っていますが、これからシフトが落ち着くまで「常に自分のハート軸の安定度」が大切になると感じています。

どのような時も、どのような情報でも、自分を失う事のないように、自分軸を大切にされて下さい。

◆ ◇ ◆

なかなか、短い記事をアップできなせんが><

今回は「情報を捉えるポイント」について、経験から感じるままに「ハート情報」を綴りました。

何かしら、お役に立てれば嬉しく想います。

次回は、今回の続編として情報の「真実」に触れながら記事をアップする予定です。

読んで下さり、有難うございます。

☆Non彡



関連記事