FC2ブログ

◆【宇宙人と地球】ネガティブ宇宙人との地球の繋がりと学びの卒業 ➡ 光の宇宙存在との学びが始る


mac-atmosphere-space-galaxy-nebula-outer-space-741617-pxhere-com.jpg


本日は早速、「宇宙人と地球」として綴りたいと想います。

とても長くなっていますが、どうぞ宜しくお願い致します。

最初に、いきなり宇宙人に関するツイートです。


下は、上のツイートと繋がる参考記事です。

<GIZMODO>サイトより

アメリカは、以前から政府とエイリアンの間で契約があった事は私からしたら疑いのない話しなのですが。。。

契約は開示できない内容なので、これまで「機密」にされてきたのだと想います。

善良な光の宇宙存在は、以前から人間とのコンタクトはパニックにならぬように慎重であると伝えられていたので、上のツイッターの内容もうなずけます。

石川新一郎さんのワシントンからの【▶16回目のメッセージ】で、1月にデクラス(機密解除)が行われるとありましたので、宇宙存在の開示も遠くないかもしれません。

実際に昨年末のネット情報の中に、『トランプ大統領は過去の宇宙人との条約を取り消した』と言う情報もありました。

真偽はわかりませんが、これはネガティブ宇宙人との条約だったから取消したように感じています。

更に、下の宇宙人に関するツイートです。


このツイートを読んで、皆さんはどう思われますか?

まさか! と思われる方の方が多いかもしれませんね。

◆ ◇ ◆

ここから、「世界の影の政府(DS)」に触れて綴りたいと想います。

これまで、世界を支配して来たピラミッド型社会の頂点のトップがDSなどと言われてきました。

実はそのDS達が、ツイートにあるように「宇宙人」と繋がっていたと言われているのですよ!

この事を、どのように捉えても自由なのですが、しかし「真実が知らされる時」が近づいていると言えます。

で「DS」は、ヨーロッパを中心とした大富豪やその幹部などが主流と言え、この存在達が宇宙人と繋がっていたと言えるようです。

◆ ◇ ◆

実はこの状況は、地球の数万年前のアトランティス文明・レムリア(ムー)文明の崩壊と関係があり、とても深く繋がっているのですよ。

これは、「地球の歴史は繰り返される」と言える部分でもあります。(カルマ的に)

この時のアトランティス文明・レムリア(ムー)文明の双方の崩壊の原因が、ネガティブ宇宙人達のエネルギーだったと、私は実感しているのです。

なぜ、そう実感できるのかと言うと。。。

何故なら私の魂が、前世でレムリア(ムー)文明に深く関係しており、そのレムリア(ムー)崩壊の記憶があるからです。

前世の記憶を通して、ツインフレームの魂の姉妹のMakaと過酷なディセンション体験をして、当時のカルマとなっている意識解除に取り組んだ流れの中で、理解して分かった事なのです。

◆ ◇ ◆

で、アトランティス文明やレムリア(ムー)文明については諸説あり、様々な情報が流れています。

以前にも少し綴った事があると想いますが、以下は私の経験からの解読情報となります。

どのくらい確実に解読できているかは分かりませんが、私は以下の「流れを歩んできた」と捉えています。

その流れは。。。

今の3次元地球でなく、まだ波動が高い次元の地球だった頃、地球には楽園のような自然と調和したレムリア(ムー)文明が存在していました。

地球と共に、レムリア(ムー)文明は「女性・陰のエネルギー」を有した文明だったと表現できます。

ある時、レムリア(ムー)文明が、地球に宇宙存在達を受け入れる事としました。

その後に地球に発展して栄えたのが、高いテクノロジーを有したアトランティス文明だったと私は捉えています。

で、このアトランティス文明は「男性・陽エネルギー」を有していた文明でした。

その宇宙存在を受け入れて、暫らくたってからの事です。

地上のエネルギーのバランスが崩れて、地球がドンドン意識下降し混乱が生じ始めたのです。

更には、地球と宇宙のサイクルの時が訪れて、最終的にレムリア(ムー)文明もアトランティス文明も共に崩壊して、3次元地球まで次元下降してしまったのです。

それにより、現在の3次元での転生の学びが始って、今の人間の形態となっていると言えます。

そんな中でも、崩壊前に避難でき次元下降せずに済んだ存在達もいたようです。


lgf01a201404180200.jpg


当時は何故、混乱が生じ崩壊に向かったのか理由が分からず、気づく事はできなかったようです。

それよりも崩壊した際に、罪悪感や後悔、悲しみや恐怖などの様々な大きなトラウマ意識が魂に刻まれて転生に入った為に、各々の学びが大きくなったようです。

で、Makaとのディセンション経験の意識浄化の過程で、双方の文明が崩壊に向かった要因が、

宇宙人を受け入れた際に紛れ込んでいた「ネガティブ宇宙人」が原因だったと言う事が分かりました。

つまり、気づかぬ内にネガティブ宇宙人を受け入れた事で地球の意識が下がり次元下降したようです。

それにより、双方の文明にもネガティブな利己的意識などが、どんどんと表面化してしまい、全体的にも混乱が生じていった状態と捉えています。

また、地球が次元下降した際に地球全体の地形までも大きく変わり、崩壊したそれぞれの文明の存在達は世界に分散していった状態のようです。

エジプト文明、マヤ文明などの遺跡は、当時のテクノロジーを使用して作られたとも言われています。

以前も少し綴りましたが、日本はレムリア文明の遺伝子を受け継いでいるとも言われているのです。

また日本の土地も、レムリア(ムー)文明のエネルギーを有しているとも言われています。

◆ ◇ ◆

以上の流れを経験してきた今、再度「宇宙と地球の大きなサイクル」が訪れているのです。

それにより、意識逆転が2012年冬至から始まっており、同じ繰り返しでなくカルマを解除できる時が来たと言えます。

そして、昨年の冬至から今年の2021年は、現実世界での逆転のタイミングにも入っているのです。

よって、トランプ大統領達の世界の闇の大掃除は、アトランティ文明のカルマ的要素の解除にも繋がっていると感じていたのです。

その詳細は、過去の記事でアップしていますので、下の記事をご確認下さい。


因みに、レムリア(ムー)文明のカルマの意識解除についてですが、

私とMakaのようにレムリア(ムー)文明に関係する魂の人々が、各自のそれぞれの人生経験を通して過酷な意識浄化をし、カルマ解除もしてきたと感じています。

よって、今後関係する者たちは繋がっていき明らかになるかもしれません。

このように、トランプ大統領達が世界の闇の大掃除を終えると、地球上の男性エネルギーと女性エネルギーが統合し始め、バランスを取り戻すと感じています。

なぜなら、既に地球と宇宙の新たなサイクルのタイミングに入っており、上で綴った意識下降でなく「逆」の地球が次元上昇をし始めているからです。

石川新一郎さんのワシントンからの【▶16回目のメッセージ】でも、「女性性の復活により、男性性と女性性が地上で並ぶ」と言う内容が伝えられていました。

その事は、やはり数万年前のアトランティス文明[男性性]レムリア(ムー)文明[女性性]の崩壊と復活に、深く関係しており繋がっていると私は実感しています。

またこれにより、様々なツインの魂の繋がりも加速するかもしれませんね。

で、石川新一郎さんを通してメッセージを伝えている方々は、「スピリチュアル系の知識や感覚があり」宇宙存在との交流を担当しているようにも感じていますが、どうかなぁ~・・・?

◆ ◇ ◆

で長くなりましたが、やっと本題に!

よって、上で綴ったように「ネガティブ宇宙人」が、地球に潜んでおり人間は知らない間に支配されてきた状態と言えるのですよ。

但し、ネガティブ宇宙人も一時期までは、月や別の所に非難していたかもしれません。。。

また、氷河期に消滅した恐竜も、このネガティブ宇宙人に関係があるとも言われています。

で実は、地球に関係してきたネガティブ宇宙人にも「種類」があるようです。

色々言われていますが、主に爬虫類型宇宙人グレイ系宇宙人が関係していたと言えそうです。

特にネガティブ系の爬虫類型宇宙人の中でも、レプティリアン、ドラコニアンなどがよく知られていると言えます。

因みに爬虫類型宇宙人は、知能が高いと言われています。

ヨーロッパの大富豪などは「レプティリアン」の宇宙人、日本の○○は「ドラコニアン」の宇宙人と繋がり関係があったようです。

特に爬虫類系宇宙人の中でも、「ドラコニアン」の宇宙人は特別で恐れられていたようです。

また、この宇宙人達は、日本がレムリア(ムー)文明の遺伝子意識を受け継いでいる事を知っており、日本人が目覚める事を非常に警戒していたと言え、計画的に支配が強化されてきた日本と言えると感じています。

但し、爬虫類型宇宙人やグレイ種族の宇宙人について「全てがネガティブ宇宙人ではない」ので、勘違いされないでくださいね。

人間の世界でも様々な人間がいるように、同じ系列や種族の宇宙人においても様々なタイプがいると言えます。


silhouette-light-sky-technology-night-star-1213368-pxhere-com.jpg


ちょっと補足ですが、

上の内容は、昨年末に綴った聖書の「イブが、蛇にそそのかされて果実を食べた譬え」にも繋がっていているのですよ。

お気づきですか?

「蛇」は、爬虫類ですよね。

私は、以前から「蛇」は宇宙人の事を物語っていると実感していました。

更にまだあります。 

「イブ」は女性ですよね。

地球と深く関係するレムリア(ムー)文明は、女性性なので「一致」しています。

これをまとめると、「女性意識のレムリア(ムー)文明の存在が、爬虫類のネガティブ宇宙人にそそのかされ純粋で真に受けてしまい、楽園を追放され3次元の学びが始った!」と言う解釈ができるのです。

聖書のメッセージは、本当に奥が深く凄いです!

よって、日本人は女性意識が強いと言えるので、洗脳されるとなかなか目覚めにくいといるのかもしれません。

しかし、卒業の時が来たと言えそうです! 

【年末の記事】

◆ ◇ ◆

以上の事からも、トランプ大統領達の世界の闇の大掃除は、地球に潜む宇宙人達が相手でもあったのですよ。

なので、ソウゾウ以上に大変だった大掃除と想います。感謝しかありません。

特に日本の大掃除は、厳しくて激戦でもあったようです。

だからこそ、宇宙の光の銀河連合のサポートが必要であり、双方が協力して地球上のネガティブエネルギーを大掃除されたと言えます。

希望ある地球の未来は、皆で協力して歩む時代とも言えるのでピッタリです。

そのお陰で、更に地球のエネルギーは上昇しやすくなってきているとも言えます。

そして、実際にこれからは光の宇宙存在達との学びが始まると言えます!

映画の世界の話のようですが、これは私からしたら事実です。

なので恐らくトランプ大統領は、世界の大掃除に善良な光の宇宙存在のサポートがあった事実も、いつかも開示されるのではと想いますし、そう望んでいます。

その事を知れば、人間の洗脳された宇宙人を恐れる意識も緩和されるようにも想うので。。。

◆ ◇ ◆

で再度、下のツイートをご確認下さい。


信じられなかった人は、少しでも意識が変わっていれば嬉しく想います。

で、ツィートの「ロックフェラーやロスチャイルドが人間では無い事」と言う部分について。

確かに、地球に潜んでいたネガティブ宇宙人は人間の姿に化けるような事が可能のようですが、

人間と宇宙人の遺伝子交配の場合、魂が乗っ取られる(憑依的?)な場合、などのパターンもあるようです。

この辺は、私もまだよく分かりません。

しかし、いつかこの関連のYouTubeも、必要と感じたらアップしたいとも想っています。

◆ ◇ ◆

最後に補足です。

残虐な側面を持つネガティブ宇宙人は、これまで成長したくともできなかったと私は捉えています。

ネガティブ宇宙人は、性質的に破壊的な方向に向かうので、宇宙でも自分達の居場所がドンドン狭まり、太陽系の地球にやってきたと私は捉えています。

正直相性もあるので、今の彼らの事を好きにはなれませんが、ネガティブ意識が強い存在ほど、なかなか成長できない彼らの苦しみがあるようです。

それは、Makaとのディセンション経験で体験して「彼らにしか分らない異なる苦しみがある」と理解する事が出来ました。

そして彼らは子供達にもスゴク残虐な事してきていると言えますが、その行いは自分に還る事実があり、自分が自分で裁くような状態になっている宇宙とも言えます。

また地球と人間を成長させたと言う意味で貢献しているので、彼らも新たな学びが始るのではと感じていますし、私はそう望んでいます。

ある意味、人間も動物を必要以上に殺して、当たり前のように食べてきたり実験に用いてきたと言えると想います。

宇宙の根源意識の視点から捉えると、何が「良い・悪い」でないと言え、この低次元の学びと成長への感謝が大切と私は想っています。

とても過酷な感情体験の学びだった人間と言えますが、

ある意味ネガティブ宇宙人のお陰で、究極な低次元の世界で学べ成長でき、光の宇宙存在達との学びがスタートするチャンスが訪れています。

よって、真実を知ってチャンスを活かし、ハートが望む想いを大切に前向きに歩む時と言えます。

◆ ◇ ◆

今回の「宇宙人と地球」は、如何でしたでしょうか?

何度も綴って来ましたが、宇宙人とのコンタクトも近未来と言えます。

2021年は激動な時代になると共に、ソウゾウを超えた貴重な体験ができる時代でもあると想います。

色んな意味での覚悟の年であり、揺るぎないハート軸の自分が大切になると想います。

本日も、実経験から得た情報などを感じるままに綴りました。

何かお役に立てれば嬉しく想います。

読んで下さり有難うございます。

☆Non彡




関連記事