FC2ブログ

◆高齢者「5・6・7」のワクチン接種が始まる!世界医師連盟の勇気づけられる真実のメッセージ!


record-number-advertising-care-paper-file-1326101-pxhere-com.jpg


ご訪問下さり有難うございます。

更新がかなり遅れて申し訳ありません。

想いの行動に時間を要しています。

で、昨日4月12日から、一部の高齢者から5・6・7のワクチン接種が始りました。

よって今回は、5・6・7のワクチン接種について綴りたいと想います。

尚、13日になったばかりの更新です。

どうぞ、よろしくお願い致します。

◆ ◇ ◆

どんどん、危険なワクチン接種が身近になってきました。

これは、ブロッサムさんが語っていた事と、同じだなぁと感じました。

世界緊急放送があれば、回避できると想っていましたが、、、そうは言えなくなっています。

で、今回の5・6・7のワクチンは、人類初の「遺伝子ワ〇チン」です。

組み換えでなく、遺伝子そのものです!

遺伝子「組み換え」の食材や食品の危険性をご存知の方は、この情報を知ると接種をやめようと想う方もいるのではと感じます。

しかし、遺伝子組み換えの危険性の事も、ご存知でない人の方が多いと言えますが。。。

実際に、子宮頸がん予防の遺伝子組み換えワ〇チンの接種により、重篤な副反応で苦しんでいる多くの方がおり、現在も薬害の訴訟が行われています。

通常ワクチンなどの開発には10年程、どんなに早くとも数年は必要とされています。

莫大な予算を継ぎこんで10年開発しても、採用されない医薬品もあるようです。

今回の5・6・7のワクチンは、わずか1年少々の開発で接種が始っています。

承認も怪しく、動物実験や臨床治験が殆どされていない状態と言えるようなワクチンです。

なので、人体実験ワクチンとも言われています。

実際は、それ以前に根底から問題がある危険なワクチンですが。。。

まだ今は、状況的に、医学的観点から説明する必要があると言えます。

また、5・6・7のウイルスの感染は、現在はインフルエンザの感染並みの症状か、それより若干強い症状だとも言われています。

今は、5・6・7のウイルス感染よりも、ワクチンの方が、かなり危険が高いと実感しています。

で下のTwitter情報は、5・6・7のワクチンを接種された方の重篤な副反応の症状です。

大変な状態の中、情報を発信くださっています。有難うございます。




どの製薬会社のワクチンを接種されたのか分かりませんが、、、

上の動画から、子宮頸がん(HPV)ワクチンの重篤な副反応の症状と似ていると想いました。

そして下は、医療従事者がワクチン接種後にお亡くなりになった貴重な情報です。

亡くなった看護師の友人の方が、彼女の死を無駄にしたくないとSNSで情報を発信されています。

画像をクリックすると、内容を読む事ができます。



※上のTwitter情報の記事の中のTwitterアカウントが、凍結されていました。
よって、新たにTwitter情報を下に追加しました。




上の事実の状況を知って、下のTwitterの厚労省専門家部門の情報記事をご覧ください。

ワクチン接種による死の可能性が高いにも関わらず、「直接の因果関係は評価できない」と言っています。

これが真実です。

同意して接種すると、ほぼ保証は難しいのが現状です。

国が保証すると言っていますが、因果関係が認められないと、保証はないのではと思います。

個人で加入している保険さえも、保証されないケースが殆どではないでしょうか。

承認されてないワクチン接種の場合は、尚更です。

なので、どうぞ自分と家族、また周りの方々へ、3次元視点でのワクチン接種の現実的な真実を伝えてあげて下さい。

「〇人〇器ワクチン」と言うと、逆にブロッグされる可能性もあるので。。。




5・6・7のワクチン接種後の今だけの副反応の症状だけではなく、今後10年間ほどの経過を見なければ分かりません。

また、後に何かしらの症状がでても「因果関係」は、分からないのが通常と言えます。

なので、危険なものが様々入っていると言われている以前に、5・6・7ウイルスより危険な「遺伝子ワクチン」と言えます。

また、「死因が5・6・7でなくとも、5・6・7の陽性者が亡くなった場合は、5・6・7の死亡者として数えるように」と、厚労省は通達していた事が明らかになっています。

ワクチンとは、全く逆の捉え方の見解と言えますね。

PCRの検査自体が、偽検査と言われているにも関わらず。。。

このようにワクチン接種は、個人に責任があるようになっています。

Twitter情報の提供者に感謝致します。

◆ ◇ ◆

このように今は、政府とマスメディアのプロパガンダによる5・6・7のワクチン接種の危険性を伝える、想いの実践行動は大切と感じています。

そして、たとえ想いの実践行動が上手くいかなくとも、遠く離れた人が、私の想いの行動をキャッチする可能性もあります。

想いの実践行動は、様々な形態で、他者への目覚めにも繋がっていく可能性を秘めていると言えます。

なので、私は想いの行動を移し、凄く地道ながら一人で活動を始めているとも言えます。

で、文書の作成が苦手な私は、提出する文書を作成するのに、約1週間も要しました。
(=∀=)

気づいたら、2回ほど朝まで文書作成に夢中となり、今も疲れぎみ、、、。
。゚(゚´Д`゚)゚。

◆ ◇ ◆

そして本日、「ある会」の会長に、その文書を直接提出してきました。

有難い事に、この私の話しに耳を傾けて下さりましたが、状況的に難しく根本的な解決策はみつかりませんでした。

これにより解決策がない複雑な想いがありましたが、しかし納得できる複雑さでもありました。

また、行動に移した事で、初めて気づける事も有り、それにより理解心を得る事も出来ました。

また、最後に「委員の方にコピーして渡していいですか?」と言って下さりました。

少しでも意識が拡がる事に有難く想いました。

よって「ある会」については、やれる事はやったので、後はすべての流れに委ねたいと想いました。

◆ ◇ ◆

更に私は、「ある組合」には電話をかけました。

5・6・7のワクチンが、人類初の「遺伝子ワクチン」であり、また短期間での開発の接種は危険性がある事を伝えて、冊子などに掲載して組合員に伝えて頂きたいとお願いしました。

すると、快く話を聞いて下さり前向きに検討する返答を下さりました。

ただし、もし掲載されたとしても、どのような内容になるか分かりません。

しかし、意外に組合の冊子で掲載する方が、人々に拡がり易いと感じました。

これは、とても理想的な展開と感じました。

そして「ある組合」とは、また何かあったら連絡を取る事とになりました。

◆ ◇ ◆

そして、私は気づきました。

上の「ある会」と「ある組合」の違いに。。。

これまでに、双方が行ってきた、これまでの経験の流れが関係している事実に!

今回、行動して初めて気づける学びでもありました。

そして、自分がこれまで経験してきた事で、今の自分があり、その自分に有難さを感じました。

未だに、西洋医学の市立病院で勤務をしていたら、どうなっていた事か。。。

まさに、漢方薬局で地道に歩んできた過去が、今に繋がっている事実です!

そして、今が未来に繋がっています。

過去も現在も未来も、同時に存在しています。

よって、いつもながら、皆さん今の想いの行動を、どうぞ大切にされてくださいね。

で私は、更に別の気になる「ある施設」があり、次はどうするか検討する段階に入っています。

◆ ◇ ◆

と言う訳で、何かとバタバタしており、ブログも更新できる状態ではなく、更新が滞って申し訳ありませんでした。

で、5・6・7の危険性を綴った後は、ここからは、世界の医師達の想いの活動の情報をシェアさせて頂きたいと想います。

今回の「偽」5・6・7のパンデミックの真実を伝える為に、医師・科学者・弁護士・平和活動家などの幅広い方々が集結して設立された「世界医師連盟」の事をご存知でしょうか?

人材も豊富であり、また各専門知識で協力し合えるので心強い同盟と感じました。

今では、世界医師連盟は12万人も登っているそうです。

その世界医師連盟が、半年前の2020年10月10日に「C〇vid〇9と言う件が『真実ではない』」と、ハッキリと述べて伝えてくれています。

そして、映像の参加者の皆さん一人ひとりが、重要かつ有難いメッセージを発信されています。

5・6・7のウイルスに関連する貴重な情報を、各自がそれぞれの立場から伝えてくれているのです。

そして世界医師連盟は、「ここまで明らかになったのだから、絶対に諦めないし、引かない」と語っているそうです。

私は感謝と共に、とても勇気づけられる素敵な動画で、とても心地よく拝見させて頂きました。

下が、世界医師連盟の動画で、話しは「00:55」頃から始まります。

世界医師連盟 WORLD DOCTORS ALLIANCE - WDA ― 新たな日常ではなく、より良い日常を!
<ALAE PHOENICIS>BIT CHUTEチャンネル


実は、この動画、YouTubeでも配信されていたようですが、検閲にあったようで削除されていました。

世界医師連盟の事は知っていましたが、実際の活動者達や内容などを知れたのは初めてでした。

このように昨年から、医師などによる世界の真実と自由を求めた活動が、既に始まっていたようです。

更に、この「世界医師連盟」の活動は「世界自由同盟」へと進化しているそうです。

凄く素敵な活動だなぁと感じました。

この動画が、もっと日本でも広まればいいなぁと想います。

どうぞ皆さん、伝えたい方に伝えてください!

これから日本でも、このような繋がりの和が広まる事が大切と感じ、ソウゾウしている私がいます。

皆さんは、どのような活動に参加されたいですか?

是非、ご自分が輝く活動を想い出してください。

◆ ◇ ◆

今回は、5・6・7のワクチンに触れて、世界医師同盟の情報などをシェアさせて頂きました。

何かしらお役に立てれば幸いです。

読んで下さり有難う有難うございます。

☆Non彡






関連記事