FC2ブログ

Welcome to my blog

【Ainote 通信】 ツインレイの「輝績」

Article page

◆<ツインレイ・ツインフレーム・ツインソウルの経験談> ツイン達との過酷な学びを卒業するのは、あなたの選択次第! 

本日は、前回に続き「ツイン」のカテゴリーについて更新したいと想います。


ツインの魂達の場合、自分の魂が知っているので他に確認を取らずとも、必ずいつかハッキリと確信が持てる日がくると想います。


それは自分がハートから分かる場合や、見えない存在などに導かれて分かる場合もあるかもしれません。


さらに現代、ツインにも様々なパターンがあるようで、複雑化している状態と感じています。

そして、それぞれのツインの学びの課題があるので、情報も多く流れており、共通点なども曖昧になると言えます。なので、情報に流されない事も大切と想います。


本来ツイン達は、探すものではなく学び合う存在なので、必要ならば学ぶ段階で引き寄せられる状態のはずです。

また偽のツインも、同じと感じています。


gf01a201502031400.jpg


つまり共にツインも偽ツインも、ハートの成長の為に、自分で引き寄せて学んでいる状態と言えそうです。


で必ず、魂が分離する際に発した意識である「動機・望み・理由・状況」などがあり、それが魂の課題と責任(カルマ)となって、地上で経験している可能性が高いからです。


いいえ、私の場合すべてのツイン達が「カルマ」や「分離前の意志(意識)の学びの課題」そのものの経験でした。

この自覚や認識が無い方が多いと言えると感じています。

と、言うより「この真実が知られてない事実」があると言えそうです。


すべての経験は何においても、「すべてが自己責任」の宇宙です。 

実は、あなたの魂は自己責任の情報をすべて解っており、責任を果たすために必要な課題を選んで学んでいる状態と言えるからです。

宇宙の法則に伴って、すべて学んでいる魂と宇宙。


備考:宇宙の法則について

 1番目 「自分は存在する」

2番目 「一つのものが全てであり、全てが一つである」

3番目 「自分の与える(発する)ものが、自分の受けとるもの」

4番目 「変化するものが変わらない」(無常;常なるものは無いこと)

(ただし、1、2、3番目を除く):バシャールより 


なのでツイン達の経験の状況も、すべて自分達の魂の責任と課題と言えます。


s-kid-circus-586325-unsplash_convert_20180409145916.jpg


よって誰が決めた訳でもなく、最初に二人の魂が選んだ「分離意志」がありので、その自己責任を果たす経験と学びが、様々なツイン達にあると経験し実感しています。


おそらく、全くおなじ理由や状況で分離した魂達はないと感じており、ツイン達が自ら分離する際に発した意識が、そのまま魂の課題とテーマになり宇宙全体を促しているようです。


皆の課題やテーマが違うからこそ、宇宙全体にとっても意味があると言えるのでないでしょうか。


つまり、魂が分離する際に「自分が発した意識(ソウゾウ)」を忘れている状態で、実はそれらが「すべての自分の経験と学び」に繋がっていると言うわけです。


なので、自分(互い)の意志の意識がないと、分離は起きないとも言えると感じてます。

また分離が発生したのは、自分の魂も同意している事となり、同意した責任もあるようです。


そして最初に分離した際の意識(ソウゾウ)が、魂の本来の本当の目的にもなっている事実と感じてます。


だから、すべての魂の経験が異なるから意味がある宇宙。

ツインに関係なく、ひとり一人の性質が異なるから、一人ひとりの経験も大切である宇宙と感じてます。


またツインレイ達が根源意識からの分離前の記憶を忘れいる状況は、地球にわざわざ分離して産まれきて、その記憶をすべて忘れて学んでいる3次元の人間の経験と学びそのものとも言えると感じてます。


なので、自分の魂の最初の分離の記憶を、経験し感情解放して呼び起こすことも、「自分の真実=宇宙の真実」を思い出す事に繋がっていると実感しています。


publicdomainq-0014404dgu.jpg


私は、ツインメイト(?)、ツインソウル、ツインフレーム、ツインレイと今世に実際に出逢い、様々な学びを経験してきました。 


これだけのツインに一度の人生で出会い、経験でき気づける人は少ないと感じてます。

正直、経験は大変でしたが、落ち着いている今は大変有難い経験だったと想えています。


私の場合どのツイン達も、自分の魂でハートから分かり理解できる経験でした。

それも、どのツイン達もベストな学びのタイミングで順番に再会しています!

気づくのもベストなタイミングでした。


但しここで言う「ベストなタイミング」とは、私が顕在意識で想う理想的なタイミングとは逆で、魂が最も学べるタイミングだったという事です。


始めは後悔で一杯だった感情でしたが、感情解放してきた事により、今はすべて有難く想え、頑張ってここまで成長してきた自分が大好きになれている自分がいます。


animal-baby-beak-157465.jpg


そして、どのツイン達も愛の経験と学びをする最高の存在達でした。

その出逢いによる学びは、愛を養う自分のカルマ清算そのもので、苦悩で過酷なものと言えると想います。


私の場合は、ツインレイと再会する為ツインソウル・ツインフレームの経験が、特に強烈でした。

ただし2018年4月22日現在、まだツインレイの再会は果たせていません。


今は苦しい経験や感情はほぼ無く、穏やかに未来の赤ちゃんと会話しながら、ベストタイミングで逢える日を待っている状態です。


以下に自分のそれぞれのツイン達の経験を、出来る限り分かるように記載しているつもりです。

すべて説明すると、とても長くなるので省略している部分も色々あります。

しかし重要点を説明する為に、どうしても長くなっています。申し訳ありません。


また私が感じる感性の記載部分もあり、確証があると言えない部分もあります。

あくまでも、参考などにして頂ければ幸いです。


publicdomainq-0015061wwm.jpg




●ツインメイト?に近い存在(男性)

ツインメイトと感じる相手とは、小学生の時に出合い、その彼の魂が好きと想いながらも、なぜか結ばれない事を知っていた私。

自分の気持ちに正直になれず諦めて、別の恋愛をしてきました。

恋愛に対しては、どうしても正直に慣れない自分が小学生の頃からありました。


正直に慣れないまま、自分の気持ちを二十年以上言えずにいたのですが、ある日彼の力になりたいと心から想い、断られる事が分かっていながらも、正直に気持ちを伝えました。

やはり答えは、「私とは友達としか想えない、気になる女性がいる」という返答でした。


正直、落ち込みもしました。

しかし、自分の気持ちがスキッリした事で「彼がその女性と幸せになれればいいなぁ」と心から想え、そう想える自分がとても心地よく、また自分の事が好きとだ心から想えたのが自分でも印象的でした。


長年の転生でライバルだったり、友であったりなどで、助け合って魂の成長を促してきた存在と感じているので、今は有り難い魂を成長してきた魂の友と感じてます。


【魂の分離の際の自己責任の経験】

因みに彼は私と魂が分離する前、彼は自由になりたいという望みがありました。

しかし私は、分離を望んでなかったのです。

そして彼は、私から自ら離れて分離した魂だと気づきました。

私もそれを、仕方なくでも認めたので、分離になったと感じます。(宇宙銀河?で分離した感じです)

なので、彼は自ら望み離れていった魂なので、当然結ばれない事を私の魂は知っていたのでした。

彼の事が心配で気になっていた私の魂の想いを、今生で経験して浄化する必要があったのだと分かりました。

彼は縛られるより、仕事大好きで自由がとても似合う人です。

そして、本人もその自覚があるようです。

魂の分離の際の状況の、そのままなのです。

<自分の愛する気持ちに正直になる愛の学び・嫉妬でなく相手の幸せを望む愛の学び>


stephy-miehle-57844-unsplash.jpg



●ツインソウル(男性)

その約半年後、直ぐに身近にいたツインソウルの存在に気づきました。

彼は、物質も含めた全てにおいて想いやり深くとても優し人で、霊的感覚もありながら封印して生きてきた存在でした。


ツインソウルの彼は、結婚しお子さんもいました。

必然的にツインソウルとして「自分達の事より周りや人々の幸せを、お互いに考える経験」の学びでした。


またそれと同時にツインソウルの彼は、メンタル面が弱い為に憑依状態に陥りやすく、彼はよく自分を見失っていたのです。家族も大変そうでした。


私は、まずは彼を助けたいと心から想い、ご家族にも彼の体質などを話し前向きに取り組んでいました。


しかし彼は、家族と話し合い入院を選択したのです。

そしてその後しばらくして、思わぬ連絡がありました・・・。 

彼は、突然自ら天に旅立ってしまったのです。


言葉にできない程の衝撃や、助けられなかった罪悪感などで、自分の時間が止まり自分をかなり責めました。

この強い私が、抜け殻のような状態になっていました。


ツインソウルとお互いに認識し合い「苦しんでいる人を助ける活動をする約束」もしていたのに・・・。

地上で出会えたツインソウルと学び合いたい事も色々あったのに、彼の様々な事を殆ど知れないままでした。


また、特に私はツインソウルを「助ける・守る」という想いがとても強く、どこか子供を愛するような感覚がありました。不思議な感覚でした。


【魂の分離の際自己責任の経験】

亡くなったあと随分して分かったのですが、この体験は自分のレムリアとアトランティスのカルマそのものでした。

またアトランティスの時に、彼と離れたくなかったのですが、魂が分離する事になってしまい、お互いに悲しい魂の別れをした状況です。

(アトランティス文明の時に、職務として魂の分離を促進する存在達がいたようです)

レムリアでは、崩壊寸前に私が自ら死を選択した為に、その解除も必要だったようです。

なので今世、悲しい別れになって感情を解放する経験が必要だったと理解しています。

ツインソウルの経験も、「カルマ清算」と「魂の分離」の際の経験による感情を解放するそのものの経験でした。

<周りのすべての幸せを望む愛の学び 哀しみから愛の強さを養い・魂の自立を促す学び>


そしてナント! その死別したツインソウルは、現在地球に転生しており、1年前に一度再会をしました! 

通常できない経験をさせて頂いている私! そしてそれは、私の望み通りの事でした。

またツインソウルに対して「子供を愛するような感覚」があったのも、ここに繋がっています。


再会時は、以前のツインソウルの個性あるエネルギーそのもので、とても美しい(魂)と想いました。

その上私よりも先に、まだ小さな子供ながら、私がツインと直ぐに分かってくれたようでした。

一度ツインソウルとお互いに認識していたので、年齢や性別などに関係なくツインだとお互いに分かりました。


とても安堵でき、今はお互いが成長をした後に、いつか喜びを分かち合えたらと想っています。

もしかしたらベストタイミングで再再会し、共に活動する可能性もあるかも?と感じています。


ray-hennessy-229589.jpg



●ツインフレーム(女性=Maka)

その約半年後、次に待っていたのはツインフレームMakaとの出逢いによる学びでした。


ツインフレームとは、ディセンション経験が伴っており、0次元まで落ちる学びだったと感じています。

かなり鍛えられた10年にも及ぶ経験と浄化でした。


そして、このディセンション経験で、「お互いの中の悪」つまり自分達の中の悪とトコトン向き合い、自分の中の悪を、愛に転換し養う学びでもありました。


更に、前世の記憶なども蘇りながら、今世と繋がる様々なカルマの解除を徹底的に実践も含め行ってきました。


特に浄化の為に、Makaの無感情になった感情を何度も接続させる繰り返しで、努力、努力の連続の日々でした。

笑う事や楽しみなども全くない毎日で、どん底の中での感情の解放の経験でした。


そしてこれらの過酷なディセンション経験は、「宇宙の真理・宇宙の真実を知る」などの学びにも繋がっていきました。


これにより得たものは宇宙の真理や摂理だけでなく、叡智・自分の真実・悪の真実・・・などの様々な学びと、ハートの成長であり、これらは魂の宝になっています。

また、この経験の浄化により、私のツインレイが誰なのかも知る事ができました。


過酷で苦しい経験程、得れるものは大きいと実感でき、今は心から有難く想っています。


【魂の分離の際自己責任の経験】

私は根源意識でツインレイと分離する際に、ツインフレームであるMakaのツインレイが裏(表)に存在していいると気づいていませんでした。

Makaとは表裏一体の魂であり、互いのツインレイも存在していた魂だったのです。

で私と私のツインレイが分離した際に、裏(表)の分離も促してしまった責任のカルマがあったと、後で理解しました。

また、私とツインレイの分離の際に「空虚」が発生し、それにより「悪の意識(真の愛の感情の切断)」が誕生した事を理解しました。

なので、Makaと私の中の悪の意識を純粋な感情に取り戻す責任があったと分かりました。

根源意識で純粋なソウゾウをしたものの、こんな事になるなんて想ってもみなく、単に無知な私だったのです。

これも、自分のカルマと自己責任の経験と学びそのものでした。

それだけでなく、無知だった私は、宇宙の様々な真実や摂理も学ぶ必要があった事も理解しました。

そして私は、このカルマを清算しないと、自分のツインレイが誰なのか気づけない状態でした。

<悪も愛であり、悪の真実を理解し愛する学び=自分を愛する>


そしてMakaとは、魂の深い絆と信頼関係を築けて、今は互いに自立しています。

現在Makaは、異次元のツインレイとの繋がりに取り組み始めました。


※Makaとの感情解放・浄化において、その内容に関する状況が社会にも大きく反映している事を感じており、その影響に驚くこともシバシバあります。

1人の人間の意識浄化や変容の意味深さや重要性を、Makaと痛感しています。


<ツインフレームのMakaの紹介>

ブログ▶ ✲Grace Shower✲ ひかりの音

ヒーリング・ルーム▶ Grace Shower Healing


publicdomainq-0004669cyq.jpg



●ツインレイ(男性)

ツインフレームMakaとの、最も過酷な浄化が少し落ち着き始め、私のカルマの大きな清算部分が終えたと感じ始めた4年前(2014年)に、自分のツインレイが誰だか気づいたのです。


それは十代の頃に全く疎遠になり、私の意識から消えていた男性の夢をみたからです。

それも、その男性と最後に再会した日の体験で、リアルで当時のそのままの夢でした。

タイムスリップしたかのような・・・驚くような夢でした。


この最後に再会した日、彼は私に彼なりの告白をしてくれていたのですが、ス・ゴ・ク 鈍感な私は全く気付いてなかったのです。

と言うより私は、彼の想いを勘違いして受け取っていたのです。


で、優しく無口で男性的な人柄だったので、私のようなタイプを好きになるはずがないと思い込んでもいました。

また私は、どちらかと言うと話が合い、明るい話す人がタイプでもあったので、気づけなかったと言えます。


その上、私と仲が良かった同級生の友達二人が彼の事を好きで、アピールしたり告白していました。

一人は、いつも私に彼の事を「カッコイイ」と言ってましたし・・・。


その女友達の二人は、私の潜在意識の奥に眠っている「彼が好きだ」という気持ちを鏡で見せてくれていたのでした。

それに対して私は、好きな先輩がいて・・・。


なので彼がツインレイと気づいた時、申し訳ない想いで涙が溢れると同時に、彼への愛情が溢れ出ていました。

そして過去の事を走馬灯のように思い出し、パズルが埋まって行きました。


gf01a201503060000.jpg


当時のツインレイの彼は私からすると、普通に会話する同級生感覚で、彼の本質を知らない状態でした。

しかしツインレイだと分かった途端、彼の気持ちに気づき、当時は好みのタイプで無かったのに、今は彼のすべてが愛おしくタイプになっている私なのです。

彼の真から溢れる、優しさや強さの深い愛が身に染みてハートから伝わってきます。


また、まだ再会もしていないのに、彼の前だと「自分がありのままの女性」でいれるなぁと、初めての感覚があります。この強く厳しい私が「女性の幸せ感」があるのです。


他にも色々あり、ツインレイであると確信が持てました。

魂の課題を果たし浄化し成長したからこそ、ツインレイだと気づけたと言えます。


その後、全く情報のない彼について、自分のハートで向き合う浄化をしてきました。

一人で向き合い、感情を解放するしか方法がありませんでしたが、懸命に自分と向き合ってきました。

またMakaの完全なる浄化と自立を目指して、並行して取り組む事も欠かせませんでした。


浄化の次には日々の「想い(感情)=思考=言動=行動」の一致などにも努め、最善を尽くし歩んできました。

浄化するにつれ、彼とのハートの会話の内容が明確になってきました。


私のすべての浄化と自分の課題が終えるまで、ツインレイとは逢えない事を自覚しており、二人が逢えるベストなタイミングを信じ、彼への愛を深めてきました。


【魂の分離の際自己責任の経験】

ツインレイとは、根源意識で「自分の有意識」が芽生えた自覚があります。(詳細は省略)

私が純粋な幸せなソウゾウをした際に、ツインレイも承諾してくれました。

しかし、それにより意識に「渦のような動き」が発生し、想ってもいなかった陰陽の大きな分離が生じてしまいました。

でツインフレームの箇所でも記載していますが、その分離で「空虚」が発生し、それにより「悪の意識(愛の感情の切断)」が誕生した事を理解しました。

知らなかったとは言え、私の想いのソウゾウにより分離が生じ悪を誕生させた事になるので、Makaと私の中の悪意識を善意識に転じさせ感情を修復し繋げ、純粋な感情を取り戻さないと、ツインレイに気づけないし、再会できない状態だったと理解しています。

なのでツインレイと再会したら、これまでの学びと逆に、分離前の純粋な幸せのソウゾウである、本来の真の魂の望みの実践の学びが始まると感じています。

既に、未来の赤ちゃんとの会話が始まっており、幸せな学びがスタートしている感覚もあります。

<離れていても自分の成長に専念し自立し、相手の魂を信じて愛する学び>


因みに私が行動をおこすのでなく、彼が逢いに来てくれる(逢わせてもらえる)と信じています。

何も確証はないのですが、それがお互いの最高の幸せの形になる事をハート(魂)で分っていると感じます。

頭の思考であるエゴで行動を取ると、逆に問題を引き寄せて、上手くいく流れを自分が崩すとも言えるのを解っているからです。




lisa-h-169936-unsplash.jpg


このように懸命に、自分の目の前の課題や学びに最善をつくし自分の魂の成長を促していると、ツイン達との再会は自ずと訪れてきた私です。


そして私のツイン達との過酷な経験などは、すべてカルマや魂の分離の際の自己責任だという事をご理解いただけるのではないでしょうか。


これから、一人でも多くの人のハートから湧く「すべて自己責任」の意識認識の拡散が必要な時でもあると感じています。

5次元以上の意識に、欠かせない認識でもあるからです。


また、あくまでも私の経験により、感じる感覚や理解や解釈などなので確証はありません。


私の場合、他の方とは大きく異なる点は、ツインレイとの直接的な苦しい経験をしていませんが、その代わりツインソウルとの「突然の死別」による哀しみを乗り越え愛の強さを養い、またツインフレームと「悪と向き合う過酷な浄化」の経験と学びでした。


animals-birds-flight-53531.jpg


そしてツインレイとの再会は、まだ果たせていません。

しかし今は、ツインレイと未来の赤ちゃんとハートで会話しながら、幸せな状態で学びながら、ツインレイを信じて待てている自分がいます。

ここまで成長でき、有難く想っています。

あくまでも一人の事例として受け取って頂ければと想います。


また私の各ツイン(レイ・フレーム・ソウル・メイト)に対する表現などは、的確でないかもしれません。

ただ、その関係に近い表現と言うだけに過ぎず、宇宙からするともっと詳細な別の表現があるのかもしれません。逆に、そんな表現などは宇宙に関係ないのかもしれません。


誰もがツインに関係なく、自分の愛の学ぶ課題により、魂とハートを成長させるプロセスがあり、その学びを与えてくれる人々がいると言えます。


すべての人が、この地球に愛を学び体験し、全体の宇宙の成長を促していると言えます。

あなたの魂の成長が、宇宙への貢献であり、自分の貢献と自分の幸せに繋がってます。

確かに、ツインとの再会は、愛を学ぶ究極な存在達です!


しかし、それぞれのツインに関係なく、本来「愛の学び」によるハートの成長が重要なポイントと想います!


一つのツインに拘っていると、真実が見えなくなり悪循環に陥りやすくなる場合もあると言えそうです。


本当にハートを成長させる魂の学びの課題は、千差万別と感じています。


publicdomainq-0006711snm.jpg


また必ずしも、ツインの相手が同じ次元にいるとも限りません。

異なる次元にいるのに、別次元で探していると、その統合や融合のチャンスさえも逃すかもしれません。


今回の次元を超えたツイン達の愛の学びの課題も、宇宙の法則によるもので同じものと私は感じています。

この経験者の学びも宇宙には必要で、宇宙全体の貢献になるのではないでしょうか。


本当に真実の愛が互いに養えたら、次元などに関係なく意識の統合や融合は可能と言えると感じてます。

この場合は、「次元を超越した愛の学び」の実践者となる可能性があるのだと感じています。


そして「ツインと幸せになりたい」と想うのは当然です。しかしそれも執着になると、幸せを逆に遠のかせる要因の一つになってしまう可能性もあると想います。


ツインの存在がなくとも、「自分が今を幸せに生きる事ができる魂の自立」も課題であると経験から感じています。


publicdomainq-0002349nny.jpg


ツインと再会する魂の課題がある人は、自分の課題をクリアにすれば、いつか逢えるはずです。

そしてその後も、ツイン達の課題や選択は続き、宇宙の愛は永遠に続くと言えます。

よって次なる愛の学びと課題も、また必ずある宇宙・・・。 

終わりと共に始まる永遠の宇宙です!


今現在、例え苦しい状況からでも、

前向きにポジティブに強く歩む 事も、ネガティブに捉えて歩む事も、あなたは可能なのです。

その選択は、あなた次第といえそうです。


この選択が、とても重要なハートの時代(2018年頃から本格的)へ入っていると言えます。

良くも悪くも、想いや自分の意識の実現が加速しているからです。


なので、苦しい時ほどシッカリ自分と向き合い、どれだけ前向きに歩めるかが

「真のポジティブ=愛の強さ」を養う事に繋がっており、とても大切と実感しています。

そしてこれが、地球とのグランディングにも繋がると感じてます。


また今の苦しい現実から逃げたり、流したり、楽な選択などをすると、逆効果になる場合も・・・。

現状から「単に逃げている」のか、「真のハート」に正直に素直なっているのか、

この見極めはハートの成長のプロセスにおいて、とても難しいかもしれません。


また人により、「責任問題」や「動機は何か」などの学びも、共存していると想います。


s-fabrizio-verrecchia-195644_convert_20180423095656.jpg


魂の学びの選択は、本当に難しいと実感しています。


しかし宇宙からすれば、どんな選択にも間違いや正しいなどはなく、すべてがハートの成長に必要な選択や経験であり、そのプロセスを魂が自ら選び歩んでいる事実があると実感しています。


あなたは強く乗り越えられる方だから、ツインと再会している又は再会できるのではないでしょうか。

自分をどうぞ信じ、前向きに歩んで頂きたく想います。


これらは、あくまでも私の経験や学びから実感している事にすぎません。

なので、どう感じ受け取るかも、各自の選択と学びと想います。


しかし、これらの私の経験した内容などが、何かしらお役に立てれば幸いです


自分の魂の課題を乗り越えて、本来の魂の目的を思い出し、自ら幸せを掴み喜びを分かち合う世界のソウゾウをしながら、本日は終えたいと想います。


私の経験が、何かしらご参考になればとても嬉しく想います。

とても長い記事を読んで下さり、有難うございます。

☆Non彡

Category - ✦ツインレイ・ツインフレーム・ツインソウル  

スピリチュアル 意識変化 学び&成長 宇宙の法則 変化&変容 実経験 魂(課題&実践) 手放し・浄化・カルマ清算 ツインレイ・ツインフレーム・ツインソウル